園長ブログ
 
 
 
 

 幼稚園では6月25日にプール開きを行いました。安全で楽しいプール遊びができるように天の神様と水の神様にお願いをし、プール遊びの約束事を確認しました。例年はプール開きを行っても気温と水温の関係ですぐにはプールには入れませんでしたが、今年は気温が高くプール開きの翌日からプール遊びを楽しむことができています。プール遊びが始まると一気に活動量が増えます。朝と昼食後の外遊び、保育でのかけっこ・体操、そしてプール遊び。体だけでなく“みさとっ子”たちは保育の中で頭もたっぷりと使っています。たっぷりの栄養と睡眠で、体調を崩すことのないようにお気をつけ下さい。

 

【ご飯・味噌汁・納豆】(とりあえず)+【ひじきの煮物・鮭(魚)】(できればこちらも)
《午前中不足する脳へのエネルギー供給・熱中症対策にもなる水分とミネラル補給
夕食から朝食まではおよそ12〜13時間。そのうち10時間は睡眠時間ですが寝ていても脳はエネルギーは消費します。脳のエネルギー源はブドウ糖だけです。体は炭水化物・脂肪・タンパク質のいずれもエネルギーとして貯蔵できますが脳はブドウ糖を貯蔵できません。そのため、朝食がとても大切になります。
また、熱中症対策には水分とミネラルを朝しっかりと体に入れておくことが大切です。
まさか朝食なしで登園…ってことはありませんよね。夕食から18時間、昼食までの午前中は脳も体も完全にガス欠状態ですよ。

 

 交通安全教室で交通安全指導員の方に来て頂き、「交通ルールを守ること」=「命を守ること」を学びました。ダミー人形の衝突実験では、園庭でしたのでさほど加速はしていない車でしたが衝突時の衝撃を目の当たりにし言葉を失いました。

 たった一つの命を守るために交通ルールを守ることが大切です。交通事故の半数は交差点・交差点周辺で起きています。幼稚園園児がひとりで街中を歩くことはありませんので、親子で出かける時に飛び出しの危険についてしっかりと教えてあげましょう。特に信号のない交差点やT字路で、一旦止まることを習慣づけてあげて下さい。
ヒヤリ・ハットの積み重ねで大きな事故に繋がります。命に関する事故を防ぐことは日常のヒヤリ・ハットを減らすことが大切です。ハインリッヒの法則といいますが、1件の重大事故・災害の裏には、29件の軽微のミス、そして300件のヒヤリ・ハットがあるといわれます。
毎朝、園門に立って歩き登園の子を迎えていますが、駐車場からのT字路のところはヒヤリを毎日のように感じます。お子さんの手を引いてしっかり止まって下さい。道路を広がって歩かないとか車道ではなく歩道を歩くのはルール以前の当たり前のことですよね。
交通事故防止のための5つの行動は「もしかして・とまる・みる・まつ・たしかめる」(危険予測・一時停止・安全確認・安全確保・再確認)です。

 
7月7日は七夕様です。みさと幼稚園でも笹飾りを作りました。6月18日に園児一人一人が思いと願いを込めて笹に飾り付けを行いました。7月5日には七夕祭りを行い、七夕もやしで願いや思いを自然のエネルギーを借りて煙に乗せて天に届けます。思うと願いがしっかりと届き、かなえられますように。
 
 
園 長 中川 進
 
 
 
ハンカチについて
汗のかきやすい季節になってきました。園に持ってくるハンカチは毎日洗濯をして持たせて下さい。また、ハンカチは吸水性の良いハンカチタオルをなるべくお持たせ下さい。
 
植木鉢について
保育参観の日にお持ち帰り頂いた苗植えの植木鉢ですが、年中組・年少組は来年度も使用しますので、収穫が終わりましたら、植木鉢の土を落とし洗い、緑の支柱と共に園にお持たせ下さい。
 
マイポケットについて
マイポケットの使用についてですが、制服登園の日は制服にポケットがありますので、それらを利用できるために使用不可にさせて頂きます。
体操着登園の日は、自分で取り外しができるようにしてから使用をして下さい。
 
〈秋季大運動会父母選抜競技について〉
秋季大運動会の父母選抜競技でリレーを行おうと考えています。今年度は幼稚園クラスが7クラスということもあり、担任はクラスのチームに入らずに先生チームを一つ設けようと考えています。
各クラスお母様3名、お父様5名の参加をお願いします。参加して頂ける方は、7月6日(金)までに、お手紙又はお電話で担任にお伝え下さい。
毎年参加者を集めるのに担任は大変苦労していますので、一クラスでも6日(金)までに人数が達しなかった場合は、残念ながら今年度は父母選抜競技はなしとさせて頂きたいと思います。
先着順とさせて頂きますので、お早めにお申し込み下さい。
 
家計急変世帯に対する保育料の補助について
埼玉県では、保護者の死亡、失職、離婚などのために、主たる家計支持者の収入がなくなり、保育料の納入が困難になった世帯(家計急変世帯)に対して、在園する幼稚園を通じて、保育料の一部を補助しています(ただし、県内在住の園児のみが対象)。
該当すると思われる方は、在園する幼稚園に相談してください。
以下のホームページにも、制度の説明を載せておりますので、適宜御覧ください。
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0204/911-20091202-1.html
 
 みさと幼稚園では水曜日がお弁当の日です。子供達は給食も好きですが、お家の方の手作りお弁当が大好きです。
 さて、梅雨の時期まっただ中です。ジメジメした高温多湿の時期がやってきました。今日は保護者の方に、これからの時期のお弁当を作るときの3つのポイントを紹介します。
細菌をつけない
調理前に薬用石けんで手を洗う。生肉や魚を扱った後も手を洗う。
細菌を増やさない
食品は冷蔵庫で保管し、お弁当を作ったらすぐ冷ます。
冷えたおかずと温かいご飯を一緒にしないように、ご飯は冷ませてから包む。
細菌をやっつける
おかずは必ず加熱する
等々
以上の3つのポイントを押さえて、安全でおいしいお弁当をお作り下さい。さらに細かなポイントもありますので、お調べになるといいと思います。
 
歯科検診をして頂いた学校歯科医さんから、総合所見をお聞きしました。
年少・年中組オール健全歯の園児が多かったです。夜間、就寝中は口腔内は一番虫歯になりやすい条件が揃っています。食後はもちろん寝る前の歯みがきを習慣づけましょう。
年長組になると、かなり虫歯の保有児が増えるようです。歯と歯の間、歯と歯茎の境目を良く磨きましょう。
 --------------------------------------------------------------------------------------------------
日本の食生活の変化が戦後大きく変わっています。現在の食生活には、ハンバーグなど噛まなくても口の中で崩れる軟らかい食べ物が過剰に取り入れられています。また、3食米食でなくなり、パンや麺類の回数が多くなっています(米の消費量は昭和40年代の半分です)。その結果、日本人の咀嚼回数は戦前の半分以下に激減しているといわれています。

『卑弥呼の歯がいーぜ』
…肥満を防止する …味覚を発達させる …言葉の発音をはっきりさせる
…脳を発達させる …がんを予防する  いー…胃腸の働きを促進する
…全身の体力向上、全力投球に有効
 
○応募票に必要事項を記入し、作品の裏に応募票を貼って提出して下さい。(応募票の裏に直接作品を描き込んでも構いません。はがき用紙はそのまま応募できます)
○提出は幼稚園、または三郷市役所や三郷市の図書館・図書室・ららほっとみさとの応募箱へ提出して下さい。
○締切は推薦図書部門は7/31(火)、自由図書部門は10/26(金)です。
みさと幼稚園在園のご家庭から
どのくらいの応募があるかな?
入賞者は出るかな?
三郷市は読書活動を通して、人と人の絆を結び、誰もが、いつでも読書に親しみ、心豊かに暮らすことができる、文化の薫り高いまちを創ることを願い、平成25年3月18日三郷市議会の議決を経て「日本一の読書のまち」を宣言しました。
家読(うちどく)』とは「家庭読書」の略語で、「家族ふれあい読書」を意味します。
この夏休みにご家族で本に親しみ、
作品をお作り下さい。
2学期の始業式に作品の提出をお待ちしています。
 
 
Copyright (C) 2004 Misato kindergarten. All Rights Reserved.
ライン
学校法人 中川学園 みさと幼稚園
〒341-0035 埼玉県三郷市鷹野1-183
TEL 048-955-1741
FAX 048-955-1767
info@misato-y.ed.jp