園長ブログ
 
 
 
 

 11月6日に行われたPTA主催バザー。3年ぶりに開催されました。残念ながらまだまだ一般公開とまではいきませんが在園児家族限定で感染症対策を施した上での実施となりました。感染症対策を必要とされる中でどんなバザーができるのか今年度のPTA役員さんがアイディアを出し合い、実現にこぎ着けてくれました。新時代のPTA主催バザーの誕生です。当日は8割近くのご家庭が参加してくれ、ワークショップゾーン・ゲームゾーン・販売ゾーンともに盛り上げていただきました。会長さんを初めとした三役さん、PTA役員さんとお手伝い係の皆さん、提供品で協力を頂いた保護者の方と業者の方、手弁当で合計4回のショーを開催してくれたマジシャン(ミラクル山内さんとマジシャンべるーがさん)の方、野菜提供の農家の方々、そして当日参加してくれた保護者の方と楽しんでくれた子供たち、様々の方のおかげで大変大盛り上がりのPTA主催バザーとなりました。多くの方のご協力で得られた売上げは園児のために大切に使わせていただきます。

 徐々に寒さの厳しい時期になってきました。新型コロナウイルスの感染は第8波のピークに向かって警戒が必要となっています。また、ここ2年間は流行期を迎えることなく迎えたインフルエンザにも今年はさらなる警戒が必要とされています。いずれにしても、今まで行ってきた基本的な感染症対策と冬の時期に毎年意識して取り組んできたみさと幼稚園の冬の過ごし方を継続することが何よりの対策となります。基本的な対策は手洗い・うがいやマスク、三密を避けることなど、そしてそれに加えて免疫力を高めておくことが非常に大切です。寒い時期は厚着になりがちですが、薄着にすることで皮膚が外気に触れて刺激を受けます。また、寒さを感じることで適応能力も高まります。そのことで体に備わっている調整機能が高くなり、風邪の引きにくい丈夫な体作りができます。気を許すと体調を崩しやすい時期ですが、栄養と睡眠をたっぷりととり、手洗いうがいの励行と薄着で寒さに負けない身体作りをし、北風に負けずに元気に登園してください。幼稚園でも手洗いうがいの徹底と毎日の園庭遊び・かけっこ・体操で強い心と体作りに努めていきます。

 今年のカレンダーも残り一枚となり師走の12月となりましたが、幼稚園では発表会・クリスマス会と楽しい行事満載で、子供たちにとってはウキウキワクワクの月です。一つ一つの行事を思い出深いものにし、また、日々の積み上げも大切に学期末の1か月を過ごしていきます。保護者の皆さんも師走は大変忙しい時期ですが、体調を崩すことなく今年の冬を乗り越えてください。
  また、冬休み(年末年始)の計画を立て始めるところでしょうが新型コロナウイルスの第8波とインフルエンザの流行を頭に入れた計画を立てください。


 
園 長 中川 進
 
★ジャンパーやコート・手袋について
防寒着の着用は歩きコースは園の門まで、バスコースはバス停までとさせていただきます。門・バス停で脱いでの登園となります。セーターやカーディガン、ジャージは着せたままで構いません。
寒い日が続きますが、保育室を暖かくしているため、薄着での登園を心掛けてください。
  
★ハンカチについて
ハンカチは衛生面としてだけではなく火災が起きた時に口を塞ぐためにも使います。制服のズボン・スカートのポケットに入れて登園させて下さい。
  
★インフルエンザの出席停止期間について
インフルエンザが発症した際の出席停止期間は「発症後5日を経過し、かつ解熱後3日間」です。抗インフルエンザ薬の普及で解熱が早くなり、感染力が残ったまま登園するケースが増えていたためです。熱などの症状が消えても体内にインフルエンザウイルスが残っているので、処方を受けた日数分の薬は最後まで飲みきってください。
発症後・解熱後の日数は発症日・解熱日を0日目で数え、6日目かつ4日目から登園できます。


  
★治癒証明について
インフルエンザ等の学校感染症と診断された場合、幼稚園で保護者の方に書いていただく『学校において予防すべき感染症による欠席届』があります。その用紙に記入いただければ出席停止として扱いますので、医療機関から治癒証明を頂かなくても結構です。お子様が元気になり、登園してきたときに担任が用紙をお渡しします。
 
★一円玉募金について
ご家庭に眠っている一円玉や五円玉がありましたら、12月2日(金)までにお子様に持たせて下さい。今年も集まったお金は子供の手で農協の窓口に届け、皆様と子供達の温かい心は募金として(福)三郷市社会福祉協議会を通して福祉活動などに役に立てて頂きます。ご協力をお願いします。
 
★令和5年度通園方法について
来年度(令和5年4月から)、通園方法の変更が予定されている方の通園方法の変更の申請期限は11月18日で終わっています。既に来年度のバス運行予定の作成を行っています。
申請期限以降で申請の必要が出た方がおりましたら、早めに申し出てください。可能な限り配慮していきたいと思いますが、年度末に近づくに従い調整は難しくなっていきますので早めにお願いします。
 
★植木鉢と支柱について
苗植えの植木鉢と支柱は来年度も使います。年中と年少は収穫が終わりましたら植木鉢と支柱を園に持たせてください。まだ収穫が続いている方は担任まで伝えていただき、今年度中には園に届けてください。
 
★年賀状について
毎年担任より年賀状をお出ししています。喪中の方は寒中見舞いとしてお出ししますので担任までお声かけ下さい。
 
★三郷市による放射線測定結果について
11月1日に三郷市放射線対策室による測定を行いました。結果は園庭中央部の50センチで0.06μSV/hでした。砂場の地表5pは0.06μSV/hでした。
 
《今年度の発表会について》

みさと幼稚園では、発表会や成果発表会では、お子さんの学年のみの発表ではなく、年長・年中・年少の組合せで成長段階に合わせた全ての学年の発表を見ていただきたいと考えています。今年度の発表会では、会場の利用制限は解けましたが感染症対策に万全を期すために以下のように実施いたします。

・発表中もホールの出入口は換気のため開放
・ホールの肘掛け等は部ごとに消毒
・座席は自由席と立ち見はなし、全席指定のみで園児1名あたり2座席
・1家庭2座席の隣は1席空けての座席配置
・ホールに入場できる人数は2名まで(抱っこできる未就園児・膝に座らせられる園児は大丈夫です)
・保護者の方:マスク着用園児:行き帰りはマスク着用(発表時はとります)
・検温(平熱より1度以上、また風邪症状がある場合は欠席・来場しない)
・園児は受入れ時、保護者はホール入場時に手指のスプレー消毒
・座席でのカメラ・動画撮影はなし
・お子さんの発表のみ、保護者1名以内のみ撮影での立見席利用可。一脚の使用は可、三脚や三脚同様のものの使用は不可。互いに距離をとり、密にならないようにしてください。

※今後の感染症の状況によっては鷹野文化センターホールではなく遊戯室でのクラスごとの発表や行事の中止も考えられます。

 
体罰がゆるされないものであることが法定化されています。
 

児童相談所への児童虐待の相談件数は増加の一途をたどっており、子供の命が失われる痛ま しい事件が続いています。
こうしたことを踏まえ、2019年6月に成立した児童福祉法等の改正法において、体罰がゆるされないものであることが法定化され、2020年4月1日から施行されました。
なぜ体罰や暴言をしてはいけないのか
体罰等が子供の成長・発達に悪影響を与えることは科学的にも明らかになっており、「しつけ」と称した暴力などを含め、体罰等が繰り返されると、心身に様々な悪影響が生じる可能性があることが報告されています。

安心感や信頼感、温かな関係で心地よい親子関係を!
子育てを担うことは、大変なことです。子供に腹が立ったり、イライラすることも…
日頃から子育ての具体的なポイントを参考に子供と向き合い、周囲の力を借りながら子育てしていきましょう。

子育ての具体的なポイント
@子供の気持ちや考えに耳を傾けましょう
A「言うことを聞かない」にもいろいろあります
B子供の成長・発達によっても異なることがあります
C子供の状況に応じて、身の回りの環境を整えてみましょう
D注意の方向を変えたり、子供のやる気に働きかけてみましょう
E肯定文でわかりやすく、時には一緒に、お手本に
F良いこと、できていることを具体的に褒めましょう

保護者自身の工夫のポイント
@否定的な感情が生じたときは、まずはそういう気持ちに気付き、認めることが大切です。
A自分の時間や心に余裕がないときは、深呼吸をして気持ちを落ち着け、ゆっくり5秒数えたり、窓を開けて風にあたって気分転換しましょう。
B周囲の力を借りると解決することもあります。勇気をもってSOSを出すことで、まだ気付いていない支援やサービスに出会えたりします。
(厚労省 児童虐待防止推進月間リーフレットより  
より詳細な内容はmhlw.go.jp/content/000598146.pdf)

 
 
 
★絵本の協力のお願い
文字に興味を持ち始めた子供達が、更に意欲を持って本読みを進めていくために、「本読めたよ」「また一冊読んだよ」という冊数を重ねる充実感を大切にしています。幼稚園では各保育室に絵本を備え付けてあり、毎月100冊の図書館の本の貸し出しで入れ替えも行っています。
ご家庭で眠っている2・3才の時にお使いになった文字数の少ない絵本がありましたら、ぜひ幼稚園にご提供をお願いします。
また、家でご不要となり、資源回収等に出す絵本がありましたら、各クラスの分けて使わせていただきますので、幼稚園にお持たせください。よろしくお願いします。
 
 
 
 
 
Copyright (C) 2004 Misato kindergarten. All Rights Reserved.
ライン
学校法人 中川学園 みさと幼稚園
〒341-0035 埼玉県三郷市鷹野1-183
TEL 048-955-1741
FAX 048-955-1767
info@misato-y.ed.jp